福音聖書神学校「礼拝と音楽」No.17

第六章 讃美歌の歴史(ルター後の時代から福音唱歌まで)


6、オックスフォード運動(イギリス)

 英国国教会内に様々な要素があったことが、このオックスフォード運動によって明瞭になる。英国国教会の枠組みから出たグループが非国教会系であり、彼らは教派を形成し、教派というものは新天新地アメリカに渡っていった。しかし英国国教会の枠組み内にいたグループにも様々な要素があった。。つまり、福音主義的信仰者がそのような福音主義的な讃美歌を作っていったが、オックスフォード運動に関わった人たちは、「礼拝する教会(共同体)」としての賛美歌を作っていった。彼らのなかには、あまりにも典礼を重んずるがゆえに、結果的にカトリックに転向していく人たちも現れるほどのことであった。カトリックへの転向をリードした人物が、ジョン・ニューマン、である。

・ジョン・キーブル(1792〜1866)新聖歌に導入されたのは「来る朝ごとに」(新聖歌27)のみである。以前の聖歌の「ひかりなるきみの」(聖歌103)は導入されていない。「ひかりなるきみの」の直訳は「この魂の太陽、懐かしい救い主よ、身近においで下さるならば、夜ということはありません。地上から黒雲が起こって、おん僕である私の目からみ姿を隠すことがないようにと願います。」

・ジョン・ニューマン(1801〜1890)ジョン・ニューマンはオックスフォード運動の流れに乗ってカトリックに転向していった。聖歌に導入されていた「さびしき夜道あゆむ」(聖歌276)は、今回の新聖歌には導入されていない。直訳すると「恵み深い光よ、暗闇に迷っている私に、どうぞ行く手をお示しください。夜は暗く、私は故郷を遠く離れております。どうぞ行く手をお示しください。遠い景色を見ることを願うのではありません。眼前一歩を踏み出すことができれば沢山です。」であるが、彼の深い霊性が歌われている歌詞である。